2013/12/30 (Mon) 18:02

18:01 (tonton) 今日も元気におちんちん

trackback*0 | comment*0 | 未分類
2013/12/30 (Mon) 07:29

久しぶりの投稿

久しぶりに時間が出来たので何か書こうかな。

昨日JCGのLOLプレミアリーグS4の決勝をちょこっとだけ見た。
プレミアリーグとはいくつかあるリーグの頂点に位置していて、つまりJCGのリーグの中で一番レベルが高いということ。
さらに日本でこういった定期リーグ戦があるのは(たぶん)JCGだけなので日本のLOLがどうなっているのかはこれを見るとなんとなく解る。

昨日の決勝戦は、決勝戦というだけ合って日本チームの中でも一際有名な2チームの対戦だった。
Ozone Rampage vs Detnation FMである。
この2チームは海外の大会などにも出場している実力派で、日本の数少ないチームの中で頂点に立つ存在である。これらを先頭に日本のLOLシーンは発展をしていると言っても過言ではない。
だからこそ、今回の決勝戦は何かと興味があった。

試合を見ていて、日本のレベルはまだまだ伸びる余地が大いにあると感じたが、DetFMのYutaponさんには個人的に日本の可能性を感じた。
彼はYasuoやMalphite等今のところ一般的ではないChampを使ってゲームをCarryしている。
発想の柔軟性に感心させられた。

はっきり言ってMalphiteの試合しか真面目に見ていないのだが、Diana相手にMalphiteをPickし、Tri Forceを初手で買い、見事ゲームをCarryしたのは非常に見ていて新鮮だった。
これはまだ発展の浅い日本だから通用するのだろうか?だが、DianaをプレイしていたAotakaさんもレーンの安定性が高いことで定評のある選手であるし、実際非常にレベルの高い戦いが繰り広げられていた為、十分世界で通用するのではないだろうか。
YutaponがMalphiteをこうやって使えるのは基礎的な知識が十分に積まれてるからであって、ボクがただMalphite使ってTF積んだからと言って勝てるわけじゃないというのが流石といったところ。

LOL全体でも、発想の柔軟性があるチームは強い。新しいメタが出てくる中国や台湾は全世界から注目を受けているし、韓国はそれらを成熟させるのが上手い。逆に基礎ができていても古いメタに囚われているチームがNAやEUには見受けられるような気がする。
今必要とされているのは柔軟な発想ではないだろうか。

日本のLOLシーンはまだまだ発展途上ではあるが、Yutaponさんのような選手が日本にいることはとても嬉しい。
ボクも新しい事をやれるだけの基礎的な知識と能力をつけて、LOLを練習していきたいと思った。

近々練習を再開していくつもりです。

だんご

trackback*0 | comment*0 | 未分類
profil