--/--/-- (--) --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Trackback(-) comment(-) スポンサー広告
2013/08/28 (Wed) 19:07

ITXケースでPC自作

DSC_0164
腰の治療につきなるべく寝てないといけないので最近LoLができてません。
そんな中この前家族が使うPCが壊れたので新しいのを買おうということになりまして、なるべく大きくなくて安くてそんなに遅くないやつという注文で調べて買って組み立てました。その過程をまとめます。
ちなみに家族用のPCは別に買いました。おかげでこのPCは使い道がなくなりました。

今回買ったパーツは
M/B: ASRock H77M-ITX
CPU: Pentium G2030 BOX
クーラー: ZALMAN CNPS2X
HDD: WD10EZEX
メモリ: W3U1333Q-4Q
電源: 風音-KAZANE 350-
ケース: Scythe MONOBOX ITX2
OS: Windows8 64bit DSP版
以上です。ちなみにDVDドライブがないので外付けのが必要です。

マザボだけドスパラ、他は全てTSUKUMOで購入しました。
合計で53871円ということになりました。そんなに安くないかも!
購入に至った理由:
ケース: トントンが教えてくれた。見た目が可愛かったから。
CPU: 最近のCPUはPentiumでも十分らしい。コスパ考えれば最高。
クーラー: リテールのでも良かったが、ケースに入るのか不安だったので小さくて安い且つ良さそうなやつを選んだ。
マザボ: ITXで1155のソケットにあうやつがほとんどない。色々と悩んだ末そんなに安くないやつを選んだ。
電源: 計算したら350Wもいらないのだが、質を考えてそれなりのやつを選んだ。
メモリ: 最近はメモリが高いのね。4GBも考えたがちょっと奮発して8GBで。

それでは組み立ての過程を。

DSC_0188

まずマザボを開封。

DSC_0189

CPUソケットについてるカバーを外します。

DSC_0192

CPUを取り出します。

DSC_0193

CPU取り付けます。固定するときにミシミシミシッっていいます。力いります。

DSC_0195

クーラー取り出します。

DSC_0196DSC_0199

なんか説明書読みながらマザボ裏にバックプレートをつけます。ちゃんと説明書読まないと間違います。

DSC_0200

つけたらCPUの上にグリスを置きます。グリスはクーラーについてきましたが僕は残ってたダイヤモンドグリスを使いました。

DSC_0201DSC_0203DSC_0204

クーラーで上からグリスを押しつぶして取り付けます。とりつけたらCPUFANのピンに接続します。

DSC_0206

次はメモリです。

DSC_0210

これは簡単に出来ます。でも少し力が要ります。折らないようにしてください。

さて、マザボに一通り部品をつけ終わりました。次はケースに設置する作業です。

DSC_0212

ご開帳。(ボケてる)

DSC_0213DSC_0214

はじめにマザボについてきたI/Oパネルをケースにはめます。

DSC_0216

そしたらI/Oパネルにあわせてマザボを設置します。ケースにはスペーサーが最初からついてるのでそのまま設置できます。

DSC_0220

説明書読みながらネジでマザボを固定。

DSC_0221

ケースフロントのUSBポートやらのコードを接続。

DSC_0223

ここでやっと電源開封。

DSC_0224

コードが思ったより長い。汚い足が写ってる。あっそういえば・・・

DSC_0227

HDDの設置忘れてました。

DSC_0228

説明書読みながら設置。
そしたら電源をつける作業に入ります。

DSC_0230

ケース内が非常に狭いので先にコード類をマザボに差し込んでおきます。

DSC_0231

ごっちゃごちゃ。

DSC_0233

取り付け完了。

DSC_0234

蓋を閉めてすっきり。

DSC_0235

OSインストールしまーす。

DSC_0236

やったー。

終わり。

スポンサーサイト
trackback*0 | comment*1 | 未分類
2013/08/27 (Tue) 19:22

恐怖!BIOSアップデートの失敗(MSI P67A-GD55)

久しぶりの更新です。

最近PCの調子がおかしく、起動する度Windowsロゴ画面で一旦止まり、自動的に再起動がかかるようになってしまいました。 よく分からないビープ音も鳴る。
”前回正常に起動できませんでした”画面が出てきてそのままにしておくと自動修復ツールが起動して勝手に修復を試みはじめる。
じゃあ修復すれば直るのかどうか試してみる・・・。直らない。さらにLoLが起動しなくなった。調べてみると復元ポイントを使ってPCの修復をするとLoLが起動しなくなるという問題を発見。OMG.
こうなるとリペアしてもLOLインストールしなおしでも直らない。最終手段はクリーンインストール。

というわけでOSのクリーンインストールに取り組みます。Windows7のディスクを入れてDVDドライブから起動。
CドライブをフォーマットしてからOSをインストール…。無事終了、次の工程へ。

クリーンインストールしてしまうとドライバ類を全部改めて入れ直さないといけない。
どうせなら新しいドライバを入れようということで公式HPからそれぞれの最新版をDLしてくる。
僕はチップセット→ME→オーディオ→イーサネット→ビデオカードの順で入れてます。間違ってるかな?
これらのインストールも無事終了。次はWindows Update。更新の確認をすると数百の更新物が出てくるので順番にインストール。
何回か再起動を繰り返すとWindows7 SP1へ更新されます…がしかし!
ここで第一の問題が再発。起動に失敗し再起動の後二回目で立ち上がる。これじゃ意味がないじゃん。
恐らくアップデートの手順が悪かったか?何が問題か分からずももう一度クリーンインストール。

ここで思いついたのがBIOSの更新。このPCを買ってから一度もBIOSのアップデートをしていない。
もしかしたらこれが原因か、と思って公式ページからBIOSデータを持ってくる。ダウンロードページに赤文字で
*Please download and execute the file in USB pen drive only.
と書いてあった。USBドライブ上でデータを開けということらしい。
その通りに進めるとBIOSアップデートが始まり、PCが再起動に入る。が、ここで黒い画面のまま再起動のループが始まった。内心すごくあせる。

正常にアップデートしているのか?それともおかしくなったのか?
そういえばBIOSの設定でレガシーUSBの項目を無効化していた。そのせいでUSBからBIOSデータを起動できないのではないのかと思い、馬鹿な私はそれを有効にしようとUSBを抜いて一旦PCの電源を切るというBIOSアップデート中に絶対にやってはいけないことをしてしまった。
電源を入れてみると真っ暗な画面のままファンが回り、5秒~20秒立つと再起動する無限再起動ループが始まった。BIOSも起動せずビープ音も鳴らず、どうすることもできない。とうとう壊してしまったかという後悔なようなものに包まれる。
とりあえずCMOSクリアを試みる。全く効果なし\(^o^)/
諦めはじめる僕。BIOSアップデートはマザボが壊れる危険性があります。自己責任でお願いしますというのはこういうことだったか。
初めてのアップデート失敗を体験し、悲しみと後悔で胸が苦しくなった。皆さんも気をつけてください。生きた心地がしないです。

・・・しかし諦めるに諦め切れず、色々と調べながら最小構成での起動を試す。CPUとメモリだけの状態にして起動。するとビープ音が鳴る!!
まだマザボが生きてる事が確認できた。とてもホッとする。ビープ音はビデオ出力出来ないエラー。ビデオカード抜いたんだから当たり前。
というわけでビデオカードを挿して起動。するとUSBドライブをセットしろとの表示。まだアップデート続いてた!
USBドライブをセットするとBIOSアップデート再開した。無事に終了。BIOS画面も新しくなった!めでたしめでたし。
皆さんBIOSアップデート失敗したらCMOSクリアの後最小構成を試してみてください!

というわけで抜いたデバイス達を全て元に戻し、PCを元の場所に動かし、起動っと…

起動しない

あせる。せっかく元の場所に戻したのにもう一度PCを開けて最小構成から一つずつパーツをつけて起動を試す。
ビデオカードOK、HDD OK、キャプチャボードOK、USBカード…ん?起動しない。これか。
このPCIUSB2.0拡張カードが全ての根源だった。
外したら全ての問題が解決しました。ありがとう。めでたしめでたし。

まとめ

  1. BIOSアップデートは心臓に悪い。
  2. BIOSアップデート中は馬鹿なことはするな。
  3. アップデートに失敗したらCMOSクリアと最小構成を試せ。
  4. 変な拡張カードは挿すな。

以上。

trackback*0 | comment*0 | 未分類
2013/08/07 (Wed) 09:45

孔子の考え

> 孔子は一人ひとりが常に道徳的な判断に基づき行為することによって世の中は平和になると考えたのです。この考えから、孔子は法律に従う生き方を否定しました。「法律に従うということは、ただ法に罰せられないようにすれば良いという考えを生み出す可能性があり、それではほんとうの意味で世の中は平和な安定した状態にはならない」と孔子は考えたのです。

!!!!
すごいと思いました。
現代の日本を見ているとただ法に罰せられないようにすれば良いという考えで動いている人が大勢いるように感じます。
孔子が言いたかったのはこれじゃだめだってことなんだなあと思います。もっと根本的な部分から私達が変わっていけば、もっと住み心地がいい日本になるんだろうって思います。
trackback*0 | comment*0 | 雑記
2013/08/07 (Wed) 09:20

「性善説」と「性悪説」

学校の倫理の勉強で古代中国の思想を学んでいるのですが、私の教科書では春秋戦国時代の諸子百家から生まれた思想家の中で「儒家」と「道家」に焦点を当てて取り上げているようです。

 儒家とは現代でも名が広く知られている孔子の思想を元とするもので、後世にも大きい影響を与えているようです。
 孔子は法で民衆を従えるのではなく、為政者の徳を広め、それによって民衆を治める徳治主義を理想としていました。
それは心の持ち方としての「仁」と、人に見える形の「礼」の2つによって体現されるとされています。
仁は人を愛する心である。それは親子・兄弟に対して自然に生まれる親愛の気持ちです。これを孝悌と呼びますが、この気持ちを他人に対しても持つことを理想としています。
礼は仁が心の持ち方であるのに対し、それを具体的に表現するものとしたようです。

 さて本題ですが、孔子の教えを継承した二人の思想家がいます。孟子と荀子です。しかしこの二人は同じ孔子の教えを継承したにも関わらず、一見すると相反した思想を持っていました。
 孟子は仁の教えを継承し、人間には生まれながら、惻隠、羞悪、辞譲、是非の四端の心が備わっているとして「性善説」を唱えました。
 一方荀子は、礼の教えを継承しながらも、人間には生まれつき利益を求める一面があり、これが争いごとを生んだり、憎むことや裏切ることを生むとして悪と唱えました。これを「性悪説」と言います。

 この2つの説に関して、学校の課題に「人間の本質は善であるか悪であるか考えを述べよ」というものがありました。この問いに対して私は何か間違ってるような気がしました。孟子と荀子はどちらも人間の本質について話していて、一見相反した事を言ってるように見えるけども、これはただ見ている視点が違うだけであって人間には善と悪どちらも同時に存在している事に違いないと思うわけです。
 さらに私は、生物の本能的な欲求部分に善だ悪だのと区別するのはなんだか違うなあと思ったわけです。
trackback*0 | comment*0 | 雑記
profil
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。