FC2ブログ
2019/06/16 (Sun) 16:20

【比較】Garmin vivosmart4 と Fitbit Charge3

実は2つもウェアラブルトラッカーを手に入れてしまった。
こんな高価な機器を2台同時着用するようなリッチな事をするとは夢にも観ていなかった。
ただ、どうしてもvivosmart4だけじゃ満足できなかったんだ。
Fitbit無しで生きていけない身体になってしまったんだ。

■Garmin vivosmart4 (2018年10月発売)
購入した日 2019-5-22
購入時の値段 16,013円

■Fitbit Charge3 (2018年11月発売)
購入した日 2019-6-14
購入時の値段 19,315円

vivosmart4を購入してから約3週間でCharge3を購入してしまった。
何故か。それは両者の細かな違いが原因だった。

Garmin vivosmart4

<購入の経緯>
それまで使っていたFitbit Charge2が壊れ、新しい機種を探していた。
そんな中で目に止まったのがGarminのvivosmart4だった。
Fitbitしか使ったことがなく、Fitbitの機能に新鮮さ不足を感じていたので、
エネルギー量モニター(Body Battery)ストレス計測機能という本製品固有の機能が魅力的だった。
Garminの他のデバイスにも搭載されていない機能に、ワクワクが抑えられなかった。
睡眠測定もワークアウト測定も付いてるし、それ以外の機能にFitbitと差異はないだろうと思っていた。

<購入後に気づいた事>
購入後、使用してみると、結構Fitbitと違うという事に気がついた。

まず、見た目がカッコいいところ
細くて時計というよりブレスレットぽく、小さく目立たないながらも、高機能であるというスマートな印象。欠点としては、ベルトがゴムバンドであり、蒸れやすく、交換はできないところ。(Fitbit
 Charge2,3はベルトの交換ができる)

次に、細かな操作性の良さ
UIと操作性がすごく良いと思った。細く小さいディスプレイ上での操作が不安だったが、レスポンスも早いし、誤操作も殆ど無い。
タッチ、ダブルタッチ、長押し、ボタンタッチ、スワイプが主な操作で、逆にこんな小さなデバイスにこれだけの操作を組み入れるってすげえなと思った。
最初はどう操作すればどの機能を使えるのか戸惑ったが、逆にその模索していく感覚にワクワクした。
スマホとの連携が秀逸で、同期の速さと通知の精度もいい。(Fitbitは通知機能が心許ない。)

そして、機能の多さ。
Fitbit Charge3よりも3000円程安いが、多分機能の種類はこっちの方が多い。
エネルギー量モニター(Body Battery)ストレス計測機能は固有機能だし。スマホ探索機能、音楽プレイヤー操作などもCharge3にないものだ。天気もスマホと同期して表示するし、ストップウォッチ&タイマー機能もついてる。

あと、計測精度の違い
実際に両方つけて生活すると、歩数はFitbitより少なく計測される
というか、Fitbitの方が若干過剰に計測しがちなので、Garminの方が正確な感じはする。
上昇階数の表示は、Fitbitの方が正確
どうやらGarminは3mで1階と計測されるようで、2階上がって1階分という感じ。
全体的にFitbitの方が敏感で、それ故にカロリー計測に差が生じる。
ちなみに、心拍数は同じぐらいに計測されているようです。

誤算だった点
以下が、Charge3を買わずにはいられなかった点。
昼寝やうたた寝が睡眠として測定されない。
サイクリングのトラッキングができない。(vivosportならできた)
これらの機能がないと、生活のモチベに影響が出るんだ。

書くの飽きました。
trackback*0 | comment*0 | 備忘録
2019/06/16 (Sun) 15:32

Fitbit Charge2の故障と修理の試みとその結果

経緯

今年の5月3日、それまで使っていたFitbit Charge2が故障した。スマホと同期ができなくなり、誤作動を起こすようになった。
具体的には、
  • スマホとの同期が一切できなくなった。 ←これが一番大きい
  • 画面上に横線型のドット欠けができた。
  • 装着中に勝手にタップ時の動作をして、いつの間にかエクササイズトラッキングが始まる。
といった具合だった。
GW真っ只中。睡眠も運動も記録がつかず、生活のモチベーションが落ちて仕方がなかった。

修理の試み
まずFitbitのSupportに連絡し、対応策を聞いた。
既に保証期限の1年を当に過ぎている(2016年11月28日購入)ため、保証範囲ではない。
丁寧に同期の為の操作を色々教えてくれたが、どれをやっても解決しなかった。
私の使っている「LG V30+ L-01K」が動作保証外機種だったためFitbit機器の故障と見なしてもらえず、「スマホの方の不具合」と判断された。少なくとも10ヶ月間は問題なく使えていたのだが。

Joshinに持ち込む
Fitbit Supportで解決しなかったので、Charge2の購入時に加入していたJoshinのまごころ長期修理保証(5年)を利用してみる事にした。
修理費用を購入時の金額を限度に保証してくれる制度だ。
Charge2の購入時の金額が18,500円なので、かなり大きい。
5月9日に店舗に持ち込み、故障内容を伝えて修理依頼をした。
5月18日にサポートセンターから電話があり、「修理は行っていない為、新品との交換か、18,500Pの還元を選んでください」との旨を伝えられた。
”新品と交換した場合、新たに保証には入れない”と言われたのと、どうせなら新しい機種に変えたかったので、ポイント還元を選んだ。
5月22日に店舗に預けたCharge2が戻ってきたと連絡があり、引き取りにいった。その時既にポイントは加算されていた。

結果

2016年11月に購入し、約2年半を経て故障したFitbit Charge2は、Fitbit Supportでは扱ってもらえず、Joshinの5年保証を利用することで、18,500円分のポイントとして返ってきましたとさ。


めでたしめでたし。

trackback*0 | comment*0 | 備忘録
2014/02/08 (Sat) 21:20

Windowsライセンス認証時に電話認証の項目がない

ハードウェア構成を大きく変えた後、再度Windowsライセンスを認証する際にオンライン認証ではうまく通らない場合があります。
又はオンライン接続ができない場合には、電話でライセンスの認証ができる。

しかし、今回の私のケースではライセンス認証の欄にオンライン認証以外の項目がなかった。
出ない
謎である。何故この項目が出なかったのかは分からないが、オンラインで認証を行ってもエラーコードが出てうまく認証ができない。

そういった場合に直接電話認証のウィザードを出す方法がある。

Winキー+Rでファイルを指定して実行の画面を出す。

「slui 4」と入力してOKを押す。

すると、電話認証の画面が出てくるので、後は画面の説明に従って認証を行えば正常に認証される。

出た
出た。

便利なコマンドがあるものだと思いました。
trackback*0 | comment*0 | 備忘録
2012/03/25 (Sun) 00:31

2ch規制(vectant) - 2012/03

★転載元
□規制解除要望□vectant.ne.jp専用★18
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/operatex/1332041526/



【今回のまとめ】 - 2012年03月の規制
■03/18
「削ジェンヌ ★」が\.vectant.ne.jpを全サーバーで規制
http://qb5.2ch.net/test/read.cgi/sec2ch/1235883921/166
http://qb5.2ch.net/test/read.cgi/sec2chd/1330895881/482
http://qb5.2ch.net/test/read.cgi/sec2ch/1066204154/191
■03/20
報告人「◆ELK/uezeuQ」 が通報メールをvectantに送信
http://qb5.2ch.net/test/read.cgi/operate/1329344205/184
■03/22
vectantユーザー、規制絞り込みの可能性について思案開始
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/operatex/1332041526/328
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/operatex/1332041526/370
■03/22
報告人「◆ELK/uezeuQ」が「丸紅アクセスソリューションズ株式会社」からの対応完了知らせを報告
http://qb5.2ch.net/test/read.cgi/operate/1329344205/188
■03/24
「海月座の削除星 ★」が規制解除に同意
「medusa_解除人 ★」が規制を解除
http://qb5.2ch.net/test/read.cgi/operate/1329344205/192
trackback*0 | comment*0 | 備忘録
profile