FC2ブログ
2019/02/18 (Mon) 17:05

【解決】クレジットカードの明細にローソンから見覚えのない請求があった件【LINEギフトでした】

私のエポスカード(VISA)に利用通知が届いた。
01/25(Fri)に、店名「ロ-ソン」、利用額「205円」で利用されていた。
身に覚えがない。そもそもこの日ほとんど家から出てない。
2019/01/30 エポスカスタマーセンターに電話して、問い合わせてみる。「ご利用内容の確認」
オペレーターの方に「ロ-ソン」「205円」で調べてもらうと、 *ネットから* *カード裏面の3桁のセキュリティコードを入力して* *インターネット上で* 利用されていた。
取り敢えず不安だったので「カードの利用停止」を行う。(もうこのカードで支払いはできない・再発行が必要)
改めて自分の利用じゃないか確認してみる。
2018/10/3に同じ「ロ-ソン」「216円」での利用履歴があった。これも覚えてない。
改めてエポスカスタマーセンターに電話して、調査を依頼する。
「カード番号を怪しいサイトで入力しなかったか」→「していないと思う。覚えていない。」
「1月25日は買い物をしたか」→「ほとんど寝込んでいた。」
「家族の利用の可能性はあるか」→「ないと思う。」
「何で気づいたか」→「家計簿アプリの通知。」
私「そもそもローソンのインターネット取引って何があるんでしょう」→ 相手「なんでしょう…」みたいなやりとり
今回の分に加え10月3日の分も調べてもらうことに。
調査には一ヶ月程かかる。電話か書面で結果が伝えられるとのこと。
2019/02/18 調査結果の電話があり、「LINEギフト」での利用という事がわかった。
確かに、私はこのカードでローソン商品のLINEギフトを友人に贈っていた。(忘れていた)
しかし、私が友人にLINEギフトを贈ったのは、1月18日だった。(請求されたのは1月25日)
恐らく、1月25日に友人がローソンで商品を引き換えたのだと思う。

結論:LINEギフトの請求日は、商品を引き換えた日で、贈った日とはズレるので注意しましょう…
trackback*0 | comment*0 | 雑記
2019/02/06 (Wed) 21:44

【解決】Windows 10 インストール後にSATAデバイスをIDEモードからAHCIモードに変更しようとすると 'INACCESSIBLE BOOT DEVICE' というエラーが発生して起動できなくなる問題

参考


この辺りのサイト読めば解決する。


前提


  • Windows 10をIDEモードでインストールしている
  • BIOS・HDDがAHCIモードに対応している

AHCIを有効にする方法


  1. Windows上で「regedit」を起動する。
  2. 'HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\iaStorV' に移動。
  3. 「Start」の値を「0」(AHCI)にする。
  4. 'HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\iaStorAVC\StartOverride'に移動。
  5. 「0」の値を「0」にする。(※この値は再起動のあと「3」に戻る。)
  6. 'HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\storahci'に移動。
  7. 「Start」の値を「0」(AHCI)にする。
  8. 'HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\storahci\StartOverride'に移動。
  9. 「0」の値を「0」にする。(※この値は再起動のあと「3」に戻る。)
  10. Registry Editorを閉じ、Windowsを終了する。
  11. BIOSを起動する。
  12. BIOS画面においてIDEモードからAHCIモードに変更し、保存して終了、PCを再起動する。
  13. Windowsを起動すると自動でAHCIドライバーがインストールされる。
  14. インストール後、もう一度再起動を行う。

エラーが発生して、起動できなくなる

12. BIOS画面においてIDEモードからAHCIモードに変更し、保存して終了し、PCを再起動する。

この後、Windows 10が立ち上がらず、「問題が発生したため、PCを再起動する必要があります」というメッセージと、'INACCESSIBLE BOOT DEVICE'というコードが表示され、永遠に再起動ループに陥る。


改善方法


  1. BIOSを起動する。
  2. BIOS画面においてAHCIモードからIDEモードに変更し、保存して終了、PCを再起動する。
  3. Windowsが正常に起動する。(IDEモード)
  4. コマンドプロンプトを管理者モードで起動する。
  5. 'bcdedit /set {current} safeboot minimal'を入力し、次回の起動をセーフモードで起動させるようにする。
  6. Windowsを終了する。
  7. BIOSを起動する。
  8. BIOS画面においてIDEモードからAHCIモードに変更し、保存して終了、PCを再起動する。
  9. Windowsがセーフモードで起動する。

セーフモードでは、すべてのブートデバイスドライバが有効になり、読み込まれます。AHCI経由でブートデバイスが使用されるため、必要なドライバも後続のブート時にロードされます。

ということらしい。

  1. コマンドプロンプトを管理者モードで起動する。
  2. 'bcdedit /deletevalue {current} safeboot'を入力し、セーフモードでの起動を解除する。
  3. 再起動すると何事もなかったようにAHCIモードでWindows 10が起動する。

はい解決。

trackback*0 | comment*0 | 雑記
2019/01/29 (Tue) 16:04

配列から一番大きい要素の位置を返す関数

配列を渡すと、配列から一番大きい要素の位置を整数で返します。 要素が見つからない時は nil を返します。 <=>で比較できない要素が混じっていると例外ArgumentErrorが、要素の中に<=>を実装していないオブジェクトがあると例外NoMethodErrorが発生します。

def find_idx_of_max(arr)
    return arr.index(arr.sort[-1])
end

また使うかもしれないからメモ

trackback*0 | comment*0 | 雑記
2019/01/17 (Thu) 13:59

Windows Subsystem for Linuxで "/usr/bin/env: ruby.exe: No such file or directory" というエラーが発生する問題

Windows Subsystem for Linuxで "/usr/bin/env: ruby.exe: No such file or directory" というエラーが発生する問題

問題

Windows Subsystem for Linux環境で "/usr/bin/env: ruby.exe: No such file or directory" というエラーが発生する

例:

Dango@hogehoge:/mnt/d/sample_app$ bundle init
/usr/bin/env: ‘ruby.exe’: No such file or directory

環境

  • Windows 10
  • Ubuntu 18.04.1 LTS
  • rbenv 1.1.1-39-g59785f6
  • Ruby 2.4.1p111

解決策

プロジェクト内の以下3つのファイルの1行目を変更する

  • bin/bundle
  • bin/rails
  • bin/rake
#!/usr/bin/env ruby.exe

この部分を

#!/usr/bin/env ruby

こう変更する

解決

Dango@hogehoge:/mnt/d/sample_app$ bundle init
Writing new Gemfile to /mnt/d/sample_app/bin/Gemfile

参考

windows heroku run rake db:migrate error "/usr/bin/env: ruby.exe: No such file or directory" - Stack Overflow

trackback*0 | comment*0 | 雑記
2019/01/15 (Tue) 13:14

飽きたんじゃないか?という発想

ひとつ前の記事で私はネガっていたのだが、
「プレッシャーで動けなくなっている」という仮説だったが
「ただ単に飽きたんじゃね?」って認識にしてもう別の事やったほうがいいのかなって思ったら
楽になった
trackback*0 | comment*0 | 雑記
profile