FC2ブログ
2019/09/13 (Fri) 18:24

話が伝わると安心する

普段あまり自分の考えていることが相手に伝わんないんだけど

伝わると安心するわ
trackback*0 | comment*0 | 雑記
2019/08/26 (Mon) 11:24

意欲無し状態

何もしたくなーいー

動きたくもなーいー

人と会いたくなーいー

学びたくもなーいー

文字も読みたくなーいー

散らかる部屋ー

流れる時間ー


trackback*0 | comment*1 | 雑記
2019/08/24 (Sat) 20:53

人に好かれないでいいと思う

今までずーっと人に好かれるように人の機嫌を取りながら生きてきた私ですけど
吹っ切れました。
人に好かれなくても良いや。
自分を型にはめなくていいや。

そしたら人と仲良くなれなくても幸せです
trackback*0 | comment*0 | 雑記
2019/08/21 (Wed) 22:08

総中流社会とは

なんかこの頃、痛感する。
普通というのは幻想だということ。

みんなが○○やってる、なんていうのは、ごく一部の”みんな”にしか当てはまらないということ。
毎日風呂に入るとか、匂いを防ぐとか、そういうのはごく普通のエチケットだよ、なんていうのも、
比率は大きいかも知れないが、全ての人の普通ではない。

これまで、○○やって当たり前、とか言う言葉に私は踊らされてきた。
やっと気づいた。みんな踊っていたのだと。

普通という言葉の中で踊っている以上、踊れない人に寄り添うことはできない。
私は踊るのをやめようと思う。
trackback*0 | comment*0 | 雑記
2019/08/15 (Thu) 02:59

何かと忙しい

夏休みに入ってから、何かと忙しい。
自分一人の時間として費やせる時間が、当初想定していたよりずっと少ない。
つまり、何かと人と過ごす時間が多いという事なのだが、それは基本的には嬉しい事であり、喜ばしい事である。

ただ一方で、他者と過ごす時間が増える程に自分自身の輪郭が見えなくなっていくような感じがして、自分が自らの身体をcontrolできている感覚が無くなってきて、自分という概念が溶けて無くなっていくような気がして、ある種の不安を覚えてしまう。

人は他者とのコミュニケーションを測るときには、お互いが自らが所属する社会で自らを個人として認識・識別する事ができる情報を"自分"として表に押し出しながら、かつ、それを正しい事だと仮定して会話等の交流を行っているのだろうと、この頃考えている。そうで無ければコミュニケーションは成り立たない。


そういった、コミュニケーションの中で必要とされる、自分というものを世界の中で切り分けて明確なものとして表現しようとするプロセスは、一見すると自分で自分を理解するためのプロセスのように感じるが、私には、他者にも理解できる言葉という枠組みの中に、無理矢理、自分という概念を当てはめていく行為にも思える。私には、他者との間に差し出された"自分"及び"私"という対象は、本来の私というものを正確には表現できていないし、そもそもそんな事はできっこないと思う。言葉では私達の可能性や、尊さ、素晴らしさの度合いを明瞭に表す事は決してできないのだ。


だからといって、言葉を軽別する訳ではないが、ただ、言葉での伝達には限界があるよな、と思うと同時に、言葉でのコミュニケーションにもどかしさや物足りなさを覚えるのである。

人間は言葉以上に優れた情報伝達手段を有していないから、
言葉に頼って物事を理解してしまうのだろうけど、
私達が言葉を通して理解している(と思っている)この世界は、恐らくこの世界を如実には表現しえないと思う。

言葉がない世界は恐らく何処までも無色かつ殺風景に映ることだろう。

でもなんだろうな。そういう世界の方が如実に世界を表している気がするんだよな。
人間って、五感とか、言葉とか、そういうたまたま生まれ持っている能力を当然のものとして世界を認識し過ぎてると思うんだよな。
その世界の認識の仕方って他の動物と同じじゃん。
どうせなら、それらの能力を使っていない世界認識に想いを馳せて見てもいいと思うんだよな。

仏教でいう無分別の境地ってそういうことなんじゃないかと私しゃ思うんですけども、
そのように認識した世界って、苦しいとか、楽しいとか、そういう私達を煩わせる感覚が一切ないような世界で、
言葉で表すことはどうやったってできないんでしょうけど、きっと物凄く心地良いと思うんですよね。

何の話だよこれ。

ちゃんちゃん♪
trackback*0 | comment*0 | 雑記
profile